2021年プロジェクト「コロナ禍における若者の不安」

今年度は、コロナ禍での若者がどのような不安を抱いているのかをアンケート調査で明らかにし、それに対して我々ができることを提案・実行していく。これにより、若者の不安を少しでも軽減することを目的とする。研究調査および提案・実施内容は、報告書作成と2022年3月に行われるKIPシンポジウムでの発表によって共有する。
(なお、ここでは「コロナ禍」とは2020年4月から現在までの期間を指す)

【速報!アンケート調査報告】 KIPでは、高校卒業以上35歳以下の若者1004人に対して、2021年8月1日から8月18日にかけて、コロナ禍における若者の不安に関するアンケート調査を実施した。
速報でその結果を共有する。

見出し
1.健康面
2.人間関係面
3.キャリア面
4.金銭面

1. 健康面

Q1. 現在の生活習慣(運動、睡眠・休養、食生活など)に対する不安を感じますか?

※以下、グラフ縦軸の単位は「人」
※以下、不安の度合いを示す選択肢1~5参考程度は下記の通り。
1:不安を全く感じない 
2:不安をあまり感じない 
3:どちらでもない
4:不安を少し感じる 
5.不安をかなり感じる
「2:不安をあまり感じない」または「4:不安を少し感じる」を回答した人で二極化する傾向がみられた。

Q2. 医療体制のひっ迫により、医療機関にかかりにくくなった、またはかかりにくくなるのではないかという不安を感じますか?


Q1と似た傾向ではあるが、Q1と比較して0.4ポイント「4:少し不安を感じる」と答えた人が多かった。

Q3. 新型コロナウイルスに感染する不安、感染させてしまう不安を感じますか?


「4:少し不安を感じる」、「5:不安をかなり感じる」に約65%が回答した結果となった。

まとめ
Q1,Q2では回答が二極化する傾向が見られ、Q3では不安を多少なりとも感じている人が多くいるという結果になった。学年や性別、居住形態などで回答にばらつきがあるのか、また二極化の原因は何なのかをアンケート分析や追加調査によって明らかにしていきたい。

企画・編集:一般社団法人 KIP知日派国際人育成プログラム
トップに戻る

2. 人間関係面

Q4. 職場および学校において先輩/上司や後輩との関係の維持に不安を感じますか?

※以下、グラフ縦軸の単位は「人」
※以下、不安の度合いを示す選択肢1~5参考程度は下記の通り。
1:不安を全く感じない 
2:不安をあまり感じない 
3:どちらでもない
4:不安を少し感じる 
5.不安をかなり感じる

「2:不安をあまり感じない」と回答した人が多く、「4:不安を少し感じる」または「1:不安を全く感じない」と回答した人がこれに続いた。

Q5. 職場及び学校において、先輩や後輩との新しい人間関係が形成できない不安を感じますか?


「4:不安を少し感じる」または「5:不安をかなり感じる」と回答する人が約半数であった。

Q6. 職場及び学校において、友人関係の維持に不安を感じますか?

「2:不安をあまり感じない」または「1:不安を全く感じない」と回答する人が約半数だった。

Q7. 職場及び学校において、新しい友達が形成できない不安を感じますか?

「4:不安を少し感じる」または「5:不安をかなり感じる」と回答する人が約半数いた。

Q8. 家族との良好な関係の維持に、不安を感じますか?

「1:不安を全く感じない」と回答する人が圧倒的に多かった。

まとめ
新しい人間関係の形成については、「4:不安を少し感じる」または、「5:不安をかなり感じる」を選択する人が多かった。一方で、人間関係の維持については、回答にバラつきが見られた。また、家族関係については、「1:不安を全く感じない」を選択する人が圧倒的に多かった。追加調査により、これらの不安における背景や要因について明らかにしていきたい。

企画・編集:一般社団法人 KIP知日派国際人育成プログラム
トップに戻る

3. キャリア面

Q9.キャリア(留学、就活、転職など)に関する情報が不足しているという不安を感じますか?

※以下、グラフ縦軸の単位は「人」
※以下、不安の度合いを示す選択肢1~5参考程度は下記の通り。
1:不安を全く感じない 
2:不安をあまり感じない 
3:どちらでもない
4:不安を少し感じる 
5.不安をかなり感じる
「1:不安を全く感じない」、「2:不安をあまり感じない」と答えた人が約41%、「4:不安を感じる」、「5:不安をかなり感じる」と答えた人も約41%と二極化する結果となった。

Q10. Q9で1以外を選んだ方にお聞きします。特に不足している情報はどれですか?(複数選択可)


※回答数が1以下のものは割愛。
※横軸の単位は「人」
不足していると感じる情報は、就活が1番多く、次に、留学が多いということが分かる。

Q11.就活や転職、学業評価や勤務評価において、自分の能力が正しく評価されているかどうかに不安を感じますか?

約30%の人が「4:不安を少し感じる」「5.不安をかなり感じる」と回答したが、「1:不安を全く感じない」、「2:不安をあまり感じない」と回答した人も約43%いた。

Q12.自分の専門性を深める、および、自分の知見を広げにくくなっているという不安を感じますか?

「2:不安をあまり感じない」または「4:不安を少し感じる」と答えた人が他の選択肢に比べて多かった。また、約40%の人が「4:不安を少し感じる」「5.不安をかなり感じる」と回答し専門性、知見を広げにくくなっていることに不安を感じていることが分かる。

Q13.自分の会社/職業/職種がなくなる不安を感じますか?※学生の場合、自分が就職する/したい会社/職業/職種、またはアルバイトやインターンシップを含む

「1:不安を全く感じない」または「2:不安をあまり感じない」と答えている人が半数以上いた。

まとめ
約41%が、キャリアに関する情報不足に対して不安を抱えている結果となった。情報不足に関して不安を抱えている人達は、どうしてそう感じるのか追加調査を行いたい。

企画・編集:一般社団法人 KIP知日派国際人育成プログラム
トップに戻る

4. 金銭面

Q14. 現在(あるいは将来的な)出費に対する不安を感じますか?

※以下、グラフ縦軸の単位は「人」
※以下、不安の度合いを示す選択肢1~5参考程度は下記の通り。
1:不安を全く感じない 
2:不安をあまり感じない 
3:どちらでもない
4:不安を少し感じる 
5.不安をかなり感じる
ほかの選択肢と比較して、「1:不安を全く感じない」もしくは「4:不安を少し感じる」と回答する人が多かった。

Q15. 上記設問で1以外を選んだ方へ。これらの中で、経済的に不安を感じる出費項目はどれですか?(複数選択可)

※回答数1以下の選択肢は割愛するが、回答数合計は22。
食費と回答した人が一番多く、そのあと家賃・光熱費、娯楽費が続いた。

Q16. あなたの収入源は何ですか?(複数選択可)

※隠れている選択肢全文は以下の通り。1. 会社からの給料(アルバイト、インターン込み)、3. 自営業/フリーランスとしての稼ぎ。
※回答数1以下の選択肢は割愛するが、回答数合計は12。
「会社からの給料」と回答した人が76.4%おり、大多数を占めることになった。「親からの支援」を受けている人も63.1%と多かった。

Q17. その収入源のうち、減収の恐れがあり不安を感じているものはどれですか?(複数選択可)

※隠れている選択肢全文は以下の通り。1. 会社からの給料(アルバイト、インターン込み)、3. 自営業/フリーランスとしての稼ぎ。
※回答数1以下の選択肢は割愛するが、回答数合計は8。
半分以上が「減収の恐れはない」と回答した一方で、約30%の人が「会社からの給料(アルバイト、インターン込み)の減収の恐れがあり、不安を感じている」と回答した。

まとめ
出費に対する不安に関しては、「1:全く不安を感じない」と「4:不安を少し感じる」を選択する人が多かった。不安を感じる人はなぜ不安を感じるのか、アンケート分析、追加調査によって明らかにしていきたい。

企画・編集:一般社団法人 KIP知日派国際人育成プログラム
トップに戻る

戻る