English

2015.4.25 KIP Forum「どうなる世界。どうする日本」
東京倶楽部理事長 高島肇久様

今回は、NHK解説委員長や、外務省外務報道官を経た後、(株)日本国際放送の社長などを40年近く務められ、現在は東京倶楽部の理事長を務められています高島肇久様にご講演を頂きました。主に、近年発生した様々な国際問題の背景や根底にある問題点などについて、非常に明確にお話し頂きました。 「どうなる世界。どうする日本」というタイトルの下、アラブ諸国の社会問題の根底にある宗教問題、高学歴の若者の職がないという問題、ISが拡大し続ける理由、またメディアと社会問題の関連性など非常に多岐にわたるトピックについてお話し頂きました。

メディアについてのお話では、インターネットの発達により戦争や国際テロの形が大きく時代とともに変化しているという事についてお話しいただきました。特に、ベトナム戦争時代では放送局を介さなければ流せなかった映像が今では誰もが撮影・編集しインターネットに流せ、情報管理の難しさが課題であるという事を強調しておっしゃっていたことが非常に印象に残りメディアと社会の相互関係について非常に学ばせて頂きました。

ディスカッションでは「国際テロの脅威に対して、日本はどのような国際貢献ができるか?」というテーマで非常に活発な討論を行い、国際テロの位置付けをどのようにするのか、また国際貢献とは軍事面・雇用面など様々な面から考える事ができるため多種多様な意見を聞くことができたように思います。(佐藤真名)

戻る