English

アラムナイ会員の声

KIPでは様々なことに興味関心がある学生や卒業生が在籍するため、一つの社会問題について多角的な意見が集まり、自分の関心を更に広げることができる貴重な場です。また普段、大学でインプットする知識を存分にアウトプットすることができるため、学ぶことへの意欲も高まります。社会でのマナーやエキスパートのご講演による専門的な知識等を得ることができる機会が多くとても有意義です。
(早稲田大学政治経済学部卒 中太一)

分からない事があれば、KIPの先輩方は優しくフォローしてくださります。そんな先輩方との活動はとても良い雰囲気で行われ、いつも有意義な時間を過ごさせていただいております。 また、KIPのForumやProjectの活動を通して、自分の課題が明確になり、成長のきっかけを得ることができています。私自身、成長の場を提供してくださるKIPに、これからより積極的に関わっていきたいと思います。
(青山学院大学国際政治経済学部卒 松岡大貴)

参加する度、自分の頭で考えるとはどういうことか、考えさせられます。 いつも議論の楽しさを思いださせてくれるKIPに、これからも積極的にかかわっていきたいです。
(慶應義塾大学経済学部卒 大井あゆみ)

私はもともと政治や日中関係に強い興味関心がありました。しかし、KIPで環境問題や経済、メディアなど様々なトピックを扱ってきたことで、 スピーカーや学生に刺激されて自分の世界が一気に広がりました。どんなトピックに対しても、「自分の意見」を持つことの必要性を実感しています。
(東京大学法学部卒 玉川絵里)

KIPには、文系理系という垣根を超えて、常に様々なトピックをインプットし、そして同時にアウトプットする機会があります。毎回新たな知識と出会い、学生・社会人をはじめとするメンバーとの議論による新たな知見を得られるため、とても楽しく学ぶことができ、鍛えられる場です。同時に、「知日派国際人育成」というKIPの理念も大変私に影響を与えており、アメリカで勉強をしている現在でも、日本を強く意識し、日本人である自覚を持ちながら留学をしています。
(東京大学工学部卒 高田修太)

現代のような便利で受け身になりやすい社会で「約束を守る」、「時間を守る」、「すぐに反応する」、など、コミュニケーションの基礎を強く意識し身につけられたことは、社会に出て「信頼」を得るための貴重な訓練となりました。 拒否よりも許容。KIPを通して、場や相手に流されず、どんな話題でも「拒否」せずに「許容」し、積極的に自己表現できる力を身に着けることができました。学生時代にKIPに飛び込めたこと、社会人になってからもその力を発揮でき、また継続して仲間と切磋琢磨できることは 今の自分の大きな財産となっています。
(一橋大学大学院公共政策卒 居鶴有未恵)

私が考えるKIPの良さは大きく二つ。KIPフォーラムでは、自分の興味を持った問題を討議するだけでなく、 様々な分野でご活躍の方々から未知の知識や新たな価値観を吸収できることができる。 更に、同世代の高い志を持つ参加者とディスカッションを行う中で、 「自分の意見とその理由は何か」を意識しながら思考の試行錯誤を繰り返す“クセ”を身につける事ができる事だ。 思うにこれらは将来グローバルに活躍するために不可欠な経験であろう。
(早稲田大学法学部卒 松尾恵輔)

グローバルな経験のある同世代の友人と議論し話しあえるKIPでは非常に毎月知的好奇心が満たされております。 KIPと出会い、「知日家の日本人」になるというテーマが私の中で芽生えました。なかなかお会いすることも難しいようなゲストスピーカーの方のお話を聞く機会を与えてくださるKIPには感謝しており、自分が大学を卒業してからも次の世代の学部生が、国際社会への視点はもちろんのこと、日本人としての品格などを持ち合わせて議論・交流していくお手伝いをしていきたいです。 今後ますますKIPが発展していくのが楽しみです。
(慶應義塾大学法学部卒 松尾愛子)

参加させていただく度に、社会の第一線にてご活躍の方々のスピーチ、あるいは会員のみなさんとのディスカッションを通して、様々な経験を積むこと、そして自分の頭で考えることの大切さを実感します。 また、闇雲に海外志向を掲げるのではなく、知日派の国際人を育成するという理念にも共感するところが多く、そのような会員のみなさんと作り上げていくKIPの今後に日々期待を寄せています。
(東京大学法学部卒 成清俊介)

自分の見識を広げ、また社会問題について真剣に議論をすることのできる場。なかなかそのような場を見つけるのは難しく、その観点からもKIPはとても有意義な会だと思います。スピーカーの話も毎回興味深く、また参加メンバーのバックグラウンドが非常に多様で刺激的という恵まれた環境の中で、自分の意見を持ち、また磨き上げていく努力を続けていきたいと思います。
(東京大学法学部卒 中津留隆)

KIPの魅力は「多様性」と「平等」にあると感じています。 東京のみならず、多くの地域の様々なバックグラウンドのメンバー同士が、 先輩・後輩の垣根を越えて自由闊達に議論・交流できる環境が、 地方出身・地方大学在学だった私にとってどれだけ新鮮で貴重なものだったかわかりません。 また、現代社会ではともすれば軽視されがちな「礼儀」、「感謝」の大切さをKIPで学べたことは いつまでも私の財産です。
(東北大学文学部卒 M.S)

KIPは、スピーカーの方のお話やディスカッションでの対話を通して、徹底的に「自分の思考」と向き合っていける場です。お話から感じた様々なことを、ディスカッションでアウトプットし、その反応についてまた考え抜き、返していくことは、私の思考を観察し、広げていく場となりました。このことは、社会に出て複雑な課題に日々直面する中で、より重要と感じ、アラムナイの今もKIPに参加出来ることを楽しみにしています。ただ知見が広がるだけではない、自己の思考の変化を感じられる場を、多くの学生の皆さまにも経験して欲しいと思います。
(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科卒業 横山望)

戻る